トップページ >  > ミュゼのVライン脱毛の範囲

ミュゼのVライン脱毛の範囲

初めてVライン脱毛をやる方は、どこまで処理すればいいか戸惑うかと思います。 基本は逆三角形にきれいに処理することだと思いますが、初めてやる方はデリケートな部位に手をかけるのは少し抵抗があるかもしれませんね。 ショーツを着用したときにはみ出る毛が出てくると思いますが、多くの方ははみ出た毛をきれいに処理するみたいです。自己処理時はあまりいじらないでこの方法がいいかと思います。 脱毛のしすぎに注意しましょう。サロンでVライン脱毛をする前は、Vラインにそった紙などをあててはみ出た部分を処理するといったところもあるそうです。意外にもVラインは処理する毛が多いようですので、カウンセリング時によく相談して計画するといいと思います。
Vラインは基本逆三角形ではみ出た部分などを処理すればいいかと思いますが、人によってはうまく処理できず、きれいな逆三角形が崩れたり、大きさも人それぞれですね。 左右対称に処理するのはなかなか難しいかもしれません。 サロン脱毛では、前日に自分で陰毛を処理してきてくださいと言うところもありますが、サービスでやってくれたり加算料金でやってくれるところもあったりとまちまちです。っg自信がない場合は無理せずサロンにお任せしましょう。崩れた逆三角形になってしまうとちょっとみっともないですよね。また人によって毛量や毛質もまだらですね。サロン脱毛はいろいろな毛質に対応してますので、しかりカウンセリングをして脱毛計画をしましょう。

ミュゼのVライン脱毛の範囲

初めてVライン脱毛をする方の多くは脱毛範囲に戸惑うかと思います。 ミュゼの脱毛方法はどうでしょうか。 ミュゼでは最初に、Vラインプレートという紙をVラインにあててそこからはみ出た部分を処理するそうです。これなら初めての方でもこのプレートにそって処理すればいいわけですね。 自分でやるのが不安な場合は遠慮なくサロンにお願いするとやってくれますよ。 デリケートな部位ですので不安なときは相談しましょう。プレートにそって処理をしてきれいな逆三角形を作り形を整えて脱毛を進めます。自分ではなかなか左右対称に処理できず、脱毛範囲が決められない方もミュゼなら安心して受けられますね。見えない部位もきれいに整えて清潔感を保ちたいものです。

一般的には脱毛をするとき、Vゾーンというのはどこからどこまでの範囲のことを言うのでしょうか? 例えば大手脱毛サロンで有名な「ミュゼプラチナム」で脱毛する場合、Vゾーンの範囲は公式ページに書かれてはいるのですが、何か今ひとつわかりにくいという声もあります。 そこで「ミュゼプラチナム」では、お客さんにVゾーン用テンプレートを渡してくれます。 このテンプレートを自分のVゾーンに当てて、そこからはみ出した部分を「ミュゼプラチナム」が脱毛してくれるというわけなのです。 脱毛サロンによってVゾーンの定義がどこからどこまでなのかは正直バラバラなので、事前カウンセリングなどでお店の人に確認しておくといいですね。 後で思わぬ出費につながるかもしれませんから。