トップページ >  > 脱毛中に生理になったら...?

脱毛中に生理になったら...?

脱毛サロンに通う前に、しっかりと確認しておきたいのが、キャンセル料の有無です。 キャンセル料というのは、キャンセルをしなければ問題がないと考える人もいるでしょう。 ただ、本人の意志と関係なく、キャンセルを選んだ方が良い場合が存在します。 それは生理です。 Vラインといったデリケートゾーンは、基本的にどこの脱毛サロンでも、生理中の脱毛はできません。 デリケートゾーン以外に関しては、生理中であっても可能というサロンと、生理中は脱毛ができないとするサロンに分かれます。
ですが、可能ならば、予約の日に生理になったら、キャンセルをするのがお勧めです。 それは、生理中というのは、想像以上に肌が敏感になっている事がある為です。 普段、痛みを感じる事がない施術も、生理中に行うと、痛いと感じてしまう事があります。 更に、肌が敏感になっている為、普段は起きない肌トラブルが起きてしまう可能性もあります。 その為、生理になると、施術をしないとするサロンがあるのです。 施術可能としているサロンでも、可能ならば施術を避けておく事を勧めているサロンが多いです。 予約をしていた日に生理になった場合、キャンセル料がかかるサロンであれば、気軽にキャンセルができず、そのまま施術を受ける事になってしまいます。 それに対して、キャンセル料が必要ない脱毛サロンであれば、キャンセル料を気にせず、キャンセルが可能なので、安心して通う事が出来るのです。

生理後の脱毛処理の注意点

無駄毛の成長とホルモンバランスには深い関わりがあります。脱毛を行う際には無駄毛の成長に合わせて行い、ホルモンバランスが安定している時期を選ぶことがとても重要になります。ホルモンバランスは一定ではなく、常に多少の変化が見られます。特に生理前後は大きく乱れますので、お肌も敏感です。ホルモンバランスが不安定になっている時期に脱毛を行うと、ストレスを受けたお肌は過剰に反応して肌荒れを起こす危険があります。そのため、できれば生理中は無駄毛処理を見合わせた方が安心です。生理後に落ち着いてきたら、お肌の状態を確認しながら処理を行うことができます。
脱毛サロン等では生理後数日間は施術を受けることができないケースもあります。特にデリケートゾーンは施術の施術は行えませんが、絶対に脱毛できないというわけではありません。ただし、お肌が敏感になっていることを考えると刺激を避けた方が無難です。脱毛サロン等の施設では、生理によって施術が受けられなくなると変わりの予約を取ってくれるという方法で対応してくれます。そのため、無理に生理中に施術を受けなくても、お肌が万全の状態になってから安全に施術を受けることができます。
自己処理ではお肌に負担のかかる脱毛クリームやワックスは避けます。抑毛ローションなら肌に負担がかかりませんが、すぐにはっきりとした効果が表れるわけではありませんので、脱毛器やシェーバーと併用する必要があります。