トップページ >  > ムダ毛の自己処理はなぜ危険なの?

ムダ毛の自己処理はなぜ危険なの?

夏は水着を着用する機会がとても多くなる季節です。 それに伴って、ビキニラインの脱毛をするという女性もとても多くなります。 しかし間違った自己処理方法で脱毛してしまうとビキニラインにニキビができてしまったり、肌が黒ずんでしまう原因にもなりますので注意が必要なのです。 ビキニラインの脱毛方法としては毛抜きで抜く方法や、家庭用脱毛器を使用して処理をする方法、カミソリで剃ってしまうという方法などがありますが、すべての処理方法に共通して言えることは、脱毛後のアフターケアをしっかりとしておかないとビキニラインにニキビが出来てしまったりする原因になるということです。 脱毛後の肌はとても敏感になっていますし、毛穴も開いたままになっているので雑菌が入りやすい状態なのです。
こういった状態のままアフターケアをせずにいると毛穴から雑菌が入ってしまい、ビキニラインにニキビができてしまうのです。 しっかりと保湿をしておくことで、ニキビができるのを防ぐことができますし、下着が擦れて肌が黒ずんでしまうということもなくなるのです。 アフターケアをしっかりとしておくことで、水着を着ても恥ずかしくないようなビキニラインでいることができます。
自分に合った保湿クリームやジェルを使用してアフターケアをすることで、サロンへ行くよりも安い値段で処理をすることができますし、キレイにすることもできるのです。 正しい自己処理方法を覚えてキレイなビキニラインを手に入れましょう。

普段の処理から注意が必要

体の中でもムダ毛の太さや量はパーツによってかなり違いがあります。自己処理をした時に、特に痛い部位はどこなのかというと、比較的ムダ毛が太いと強い痛みを感じてしまいがちです。どこを脱毛すると特に痛いと感じるのかというと、脇の下、アンダーヘアが考えられます。この二か所は特に太いムダ毛が生えてくるからです。わき毛の場合は、一つの毛穴から数本生えていることも多いので、最も痛みを感じる部位といっても良いでしょう。
他に考えられる部位はあります。太いムダ毛ではないけれど、肌がとてもデリケートな場合も痛みを強く感じるものです。おへそ周りはとてもデリケートなので痛みを強く感じます。顔もそうです。もちろん、デリケートゾーンも痛みを強く感じてしまいます。顔以外は、比較的あまり紫外線を浴びていない場所です。肌がとても敏感な場所なので、脱毛も慎重に行わないといけません。デリケートゾーンは条件が二つとも当てはまっているので、より注意が必要です。
自己処理をする際には、これらの部位は気を付けて脱毛することです。あらかじめ、脱毛するととても痛い部位を冷やしておいてから始めるようにしておくことをお勧めします。氷などで冷やすと麻痺します。だから、痛みが軽減されます。光脱毛などを行う際にも同じように冷やしてから行っています。これは熱さ対策にもなっているのですが、あらかじめ冷やすことは大事なポイントです。痛い部位を頭に入れて脱毛してください。